適切なボディランゲージ

海外旅行に行く時は、当然その国の言語が分からないと不自由です。しかし、完璧に会話できるケースは多くないので、多少ボディランゲージで表現する機会も増えてきます。 ただ、一口にボディランゲージとは言っても注意して表現しないと相手を戸惑わせてしまうかもしれません。自分が意図せずに必死で伝えようとしても、それが不適切な表現であれば一気に信用されなくなります。 例えば、A国にとってはポジティブな意味でもB国にとっては性行為を意味するなど受け取り方は国や地域によって様々です。間違って威嚇の表現をしてしまうと、いくら外国人とは言えど怒らせてしまいます。旅行前に、やってはいけないタブーの表現を学んでおきたいです。

丁寧な表現を心掛ける

日本語でも外国語でも同じですが、丁寧な表現と乱暴な表現があります。もちろん丁寧な表現でコミュニケーションをした方が好ましいですし、相手を不快な気持ちにさせません。もし不快にさせてしまうと、道案内の途中で怒ってしまうなど旅行がスムーズでなくなります。 それを防ぐ為には、やはり本などを購入して丁寧な言葉使いを学ぶしかありません。いくら接続詞などに不安を抱えていたとしても、単語を結び合わせて伝えるだけでは分かりにくいですし乱暴です。 また、笑顔や感謝の気持ちも忘れてはいけません。例え失礼な表現をしてしまったとしても、笑顔などがあればそれほど不快な気持ちにはさせません。旅行を最初から最後まで楽しく進める為に、正しい表現を身に付けたいです。